ひよっこメイクvol.5 朝メイク~15分でその日の「顔」になる

03a

vol.5 朝メイク~15分でその日の「顔」になる
 

 学生さんも、OLさんも、お子さんをお持ちの主婦の方も、なにかと「忙しい~!」朝。
特に、新しい学期や年度の始まる4月の朝は、1分1秒もムダにしたくな~い!(笑)と思うほど、貴重な時間ですよね。

そこで今回は、そんな忙しい朝でも、15分でさっとその日の「顔」になれる<朝メイク>をお伝えします。

それでは、いつもの朝さながらに・・分刻みにスタート!

<スキンケア>

スプレータイプの化粧水(※)を使うと、瞬時に保湿できるので便利ですよ。
洗顔後すぐに、’シュシュッ’とお顔全体にスプレーして、手でなじませます。
そのあとに、乳液や美容液、クリーム、化粧下地などをつけて、お肌の準備をします。
(所要分数:~3分)

<メイク>
1.コンシーラーをつけます。
コンシーラーを、目の下のクマや、シミ、毛穴、小鼻の赤みなど、気になる箇所につけたら、指でなじませます。

(所要分数:3分→ここまでで、計6分)

2.ファンデーションを’水あり’でつけます。
(ファンデーションのタイプは、スポンジに水を含ませて使っても(=水あり使用)、ドライの状態でも使える(=水なし使用)、ツーウェイタイプがおすすめです)

ファンデーションをとって、お顔にポンポンとたたきこむようにしてつけていきます。
このとき、スポンジに水を含ませて’水あり’として使うのが普通の使い方なのですが、
<朝メイク>のポイントは、水を含ませたその後に、シュシュッと、スプレータイプの化粧水もスポンジに含ませることです。

(水を含ませたあと、水分が滴り落ちない程度に絞ってから、スプレーしましょうね)
こうすると、保湿をしながらベースメイクができるので、乾燥崩れしにくい、長持ちするベースメイクになるんですよ。

(所要分数:3分→ここまでで、計9分)

3.ポイントメイクを仕上げます。

<アイブロウ>
アイブロウブラシで毛流れを整えてから、眉毛を描き、アイブロウパウダーを上から重ねます。

<アイメイク>
アイラインをひき、綿棒でラインをぼかします。アイシャドウを入れます。
(所要分数:各2分→ここまでで、計13分)

<リップ>
リップブラシにツヤのあるリップをとり、塗っていきます。

<チーク>
チークをさっとひとはけして、自然な明るい血色を。
(所要分数:各1分で、合計15分。これで、朝の顔が完成です!)

いかがでしたか?これなら、「忙しい~!また手抜きメイクかも?」の朝から、
「キレイになってたのしい☆」の朝に変わりそうですよね。

さらに、朝がくるのが待ち遠しくなって、いつもより早起きしちゃうかも!?
こころにも余裕がある朝を過ごしていきたいですね。

Tags: 

口コミ投稿はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です