vol.13  ホームパーティー☆ゲストおもてなしメイク

vol.13  ─「ホームパーティー☆ゲストおもてなしメイク」─

冬の楽しみのひとつといえば、あったかなホームパーティー! 
もちろん、イルミネーション輝く、外でのパーティーも、ドキドキ&ワクワクするものですが、
「おうち」ならではの’ほっ’とできる空間って、「ホームパーティー」の魅力ですよね。
そこで今回は、「こんど、お友達を招いてホームパーティーのホステスをつとめます。」という方に、
とっておきのメイクのポイントをお伝えしますね。

たとえば・・

ホステスは、ゲストに対して失礼にならない装いと、あたたかなおもてなしのこころが大切です。
かといって、ゲストの方よりも華美になりすぎてはNGですし、質素すぎるのも、パーティーを
盛り下げてしまいます。おもてなしの心をお顔で表現するポイント、
それは、お肌にじんわりと溶け込むような「ぼかし」や「にじみ」を作ることなんです。※

【1:’ぼかし’アイシャドウ&リップライン】
アイシャドウを塗った「面」や、リップペンシルで描いた「ライン(線)」が、ぼかされずにそのまま固まっていると、
表情も硬く見えてしまいます。そこで、’ぼかす’ことで、あなたのあたたかい人柄をだしていきましょう!

★アイシャドウの’ぼかし’★
アクセントカラーを、アイシャドウブラシやチップでまぶたにのせたら、まずは上下に動かします。
まつげのキワに、色を入れ込むような気持ちでね。
次に、アイシャドウブラシやチップの、
色がついていない反対側の面を使って、左右に動かします。まぶたの肌色と、アクセントカラーとの境目をよくぼかしましょう。
こうすると、1番色を濃く見せたいまつげのキワが1番濃くなり、上にいくにつれて色が淡くぼけるので、
やさしい、やわらかい雰囲気になります。
色は、お肌にとけこむようなベージュ、ブラウン、ピンク、オレンジなどがおすすめです。

★リップラインの’ぼかし’★
リップラインをひいたら、綿棒を使って、描いた輪郭から内側に向かって、やさしくぼかしていきましょう。
このとき、リップライナーで太めに輪郭をふちどっておくと、後からつけるリップがとれにくくなります。

【2:’にじみ’チーク】
ベースメイクのときに、クリームタイプのチークを、あらかじめほおに丸くのせておきましょう。
そして、ポイントメイクの仕上げのときに、同じような色みのパウダータイプのチークを重ねるように
してのせると、お肌の内側から、じんわりと色がにじみでたような仕上がりになります。

さぁ! 髪もさっとまとめ髪にして、お花やキャンドルを飾って・・☆
そして、あなたのにこやかな笑顔で、ぜひ、あったか~なホームパーティーのひとときをお過ごしくださいね。

口コミ投稿はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です