ひよっこメイクvol.9高機能下地で、真夏の日差しもこわくない

cando

vol.9  ─「高機能下地で、真夏の日差しもこわくない」─

夏まっさかり!ですね。いままさに夏休みを満期中♪の人も、これから夏休み!の人も、
気になるのが日中のつよ~い日差し。
できることなら避けたいですが、なかなかそうもいかないものですよね。
毎年わたしはこの季節になると、手の日焼けを防ぐ黒い手袋を用意してはいるのですが、
ついついはめるのを忘れて外出してしまったり、はめたとしても、暑さに負けて、手袋を外してしまうことがたびたび・・。(汗)

でも、お顔はしっかり守らないと!(笑)
ということで、今日は、下地のお話しです。
そもそも、ファンデーションを塗る前に使う「化粧下地(=メイクアップベース、ともいいわれています)」には、
大きく分けて3つのタイプがあります。

1つ目は、UVケアが主の下地(=以下、A、とします)。

2つ目は、特にUV効果はないものの、ファンデーションのノリやモチをアップさせてくれる化粧下地(=以下、B)。

そして3つ目が、肌の色ムラの悩みにこたえてくれる、コントロールカラー(=以下、C)といわれているものです。

よく見かけるのは、UVケア機能+化粧下地(A+B)のタイプです。1つで、カンタンにUVケアと化粧ノリのアップ、
両方できるタイプなので、使っている人も多いのでは?さらに最近の下地には、なんとA+B+C、全ての機能をもったタイプもあるんですよ。

そうです!なんと1つで、UVケアと化粧下地効果、さらに、お肌の色ムラも補正できちゃう、1歩上を行く’高機能下地’なんです。

通常、A+B+C、すべての効果を取り入れたいときには、AまたはB、あるいはA+Bをお肌に塗ったあとに、さらにCを重ねる、
という方法(=下地を2回塗る方法)をとります。
でも、高機能下地があれば、1つでその全部ができちゃうので、メイクの時間が短縮できます。
また、肌に下地を2回重ねる(塗る)必要がないので、余分な油分がお肌に残りにくい=メイクが崩れにくくなる、といううれしい効果もあります。(※)

それでは、その魅力的な高機能下地を選ぶときのポイントをみていきましょう。選ぶポイントは、仕上がりの肌の色を左右する、
「コントロールカラー」(C)にあります。以下をご参考にしてくださいね。

◆ほおなどの赤みを目立たせなくしたいとき・・イエロー
◆もともとの肌色が暗めの人が、顔色を良くみせたいとき・・イエロー/オレンジ
◆もともとの肌色が明るめの人が、さらに顔色を良くみせたいとき・・ピンク
◆黄色っぽいくすみを目立たせなくしたいとき・・パープル
◆肌の透明感を引き立たせたいとき・・ブルー

‘高機能下地’って、強い日差しからお肌を守ってくれるだけではなく、夏に気になるメイク崩れも防いでくれて、
さらに、理想の肌色にもしてくれるんですね。
改めて、下地って優秀~!ぜひ、あなたに合った下地を見つけて、
この夏のメイクも楽しみましょうね。

口コミ投稿はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です